学内向けページへ(SSL-VPN経由)
TAINSニュース
© 情報シナジー機構

トップページ > メール > 外部メールサービス

外部メールサービス

外部メールサービスは、グーグル株式会社の「Google Apps Education Edition」(以下「Gmail」という。)を利用して、希望する本学の構成員にメールアドレスを提供します。外部メール利用者(以下「利用者」という。)の主な対象は、本学構成員等のうち、学内の既存のメールサービスの利用資格を有しない方を想定しています。
※ヤフー株式会社による「Yahoo!メール Academic Edition」のサービス終了に伴い「Yahoo!メール」を利用した外部メールサービスの提供は終了いたしました。

目次

  1. 概要
  2. 利用者向け情報

概要

  • Gmail では xxx@g-mail.tohoku-university.jp のメールアドレスを取得することができます。
  • 本サービスは、本学構成員等のうち、学内の既存のメールサービス(※)の利用資格を有しない方を主な利用者として想定しています。 ※m.tohoku.ac.jp ドメインの TAINS メールや、bureau.tohoku.ac.jp ドメインの事務職員向けメールなど
  • 有効な東北大 ID を持つ教職員が外部メールサービス管理者(以下「管理者」という。)となり、その管理者が利用者アカウントの登録・管理を行います。 (例: 教員が管理者となり、研究室の学振特別研究員や研修生、あるいは POP を使いたい学生の利用者アカウントの登録・管理を行う)
  • 教職員が管理者になるには、所属する部局の部局技術担当者を通して、管理者への登録を情報シナジー機構(情報部情報基盤課ネットワーク係)へ依頼します。
  • 管理者は、東北大 ID で TAINS 申請システムにログインし、利用者が外部メールの利用を開始するための「利用設定 URL」を生成します。
  • 利用者は、管理者から利用設定 URL を受け取り、ウェブブラウザでその URL に接続して、外部メールの利用開始の手続きをします。
  • メールアドレスの取得は先願主義です。希望するアドレスがすでに取得されている場合、そのアドレスは取得できませんので、あらかじめご了承下さい。 ※Yahoo!メールと Gmail で同じローカル部(@ の前の文字列)を取得することはできません。
図: 外部メールサービスの利用イメージ

利用者向け情報

利用手順

利用者が、メールアドレスを取得・利用するまでの手順は以下のとおりです。
  1. 最寄りの管理者に以下の内容を伝えます。(図の ①)
    • 希望するメールアドレス
    • 氏名
    • 所属(学部・研究科等)
  2. 管理者から利用設定 URL を受け取ります。(図の ⑥)
  3. ウェブブラウザで利用設定 URL に接続します。(図の ⑦)
  4. 利用設定マニュアル(Gmail 編)を参考に利用設定を行います。(図の ⑦ ⑧)(※)
  5. ウェブメール、あるいはメールソフトを設定して、外部メールサービスを利用します。(図の ⑧)

設定情報

設定に必要な情報、技術情報の早見表です。
設定項目 Gmail
(1)メールアドレス xxx@g-mail.tohoku-university.jp
(2)認証 ID (メールソフト) メールアドレス
ID (ウェブメール) メールアドレスの @ の前
パスワード Google のサイトで設定したパスワード
(3)送信 (SMTP) サーバ名 smtp.gmail.com
プロトコル ポート番号 465/tcp または 587/tcp
暗号化 SMTP over SSL または STARTTLS
送信認証 あり (SMTP_AUTH)
(4)受信 POP3 サーバ名 pop.gmail.com
プロトコル ポート番号 995/tcp
暗号化 POP over SSL
IMAP4(※) サーバ名 imap.gmail.com
プロトコル ポート番号 993/tcp
暗号化 IMAP over SSL
(5)ウェブメール URL https://mail.google.com/a/g-mail.tohoku-university.jp/
プロトコル ポート番号 443/tcp
暗号化 HTTPS (SSL)
(6)メールボックス容量 25GB

マニュアル

【利用設定の手順】 (PDF) Gmail 編 【ヘルプ】 Gmail

サービス詳細

申請、利用方法については こちら(学内限定)