学内向けページへ(SSL-VPN経由)
TAINSニュース
© 情報シナジー機構

トップページ > メール > TAINS メールサービス

TAINS メールサービス

TAINS メールサービスは、東北大学統合電子認証システム(以下、「認証システム」)と連携して、そのアカウント(以下、「東北大 ID」)を持つ教職員がメールアドレスを取得し利用することができるメールサービスです。
本サービスは、全学的基盤経費の一部である情報化推進経費によって運用されています。

目次

  1. 概要
  2. 設定情報
  3. 迷惑メール対策
  4. マニュアル

概要

仕様・特徴

  • xxx@m.tohoku.ac.jp のメールアドレスを取得及び利用することができます。
  • メールアドレスの取得は先願主義です。希望するアドレスがすでに取得されている場合、そのアドレスは取得できませんので、あらかじめご了承下さい。
  • 学内および学外から POP・IMAP・SMTP (over SSL) が使えます。
  • ウェブメールが利用できます。
  • 迷惑メール対策を行っています。
  • ウィルス対策を行っています。

設定情報

設定項目 設定値
(1)メールアドレス xxx@m.tohoku.ac.jp
(2)認証 ID 東北大 ID と同じ
パスワード メールパスワード (東北大パスワード、サブパスワードではありません)
(3)送信 (SMTP) サーバ名 smtp.m.tohoku.ac.jp
プロトコル
ポート番号
465/tcp
暗号化 SMTP over SSL
送信認証 あり (SMTP_AUTH)
(4)受信 POP3 サーバ名 pop.m.tohoku.ac.jp
プロトコル
ポート番号
995/tcp
暗号化 POP over SSL
IMAP4 サーバ名 imap.m.tohoku.ac.jp
プロトコル
ポート番号
993/tcp
暗号化 IMAP over SSL
(5)ウェブメール URL https://webmail.m.tohoku.ac.jp/
プロトコル
ポート番号
443/tcp
暗号化 HTTPS (SSL)
(6)メールボックス容量 1GB(
(7)送受信メール最大サイズ 100MB

迷惑メール対策

アンチスパムエンジン

メールから計算されるシグネチャに基づいてデータベースと比較を行いスパムメールを判定します。
スパムメールと判定されたメールには、X-SPAM-MARK というメールヘッダが挿入されます。
メールソフトのフィルタやウェブメールの自動振り分け機能を利用して迷惑メールを振り分ける際は上記のヘッダを条件に設定して下さい。

マニュアル

(PDF ファイル)

メールソフトの設定例

【Windows】
Outlook Express
Windows メール (Windows Vista)
【MacOS X】
Mail
【その他】
Mozilla Thunderbird

ウェブメールの操作方法

DEEPSoft MailSuite ウェブメールヘルプ ※ログインしてからご覧下さい。

サービス詳細

申請、利用方法については こちら(学内限定)