学内向けページへ)
TAINSニュース
© 情報シナジー機構

トップページ > リモートアクセス > 感染拡大防止のための学生用VPN

感染拡大防止のための学生用VPN

English version is here (please login G Suite using your DCmail account such as "[Name]@dc.tohoku.ac.jp").
 

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことを目的として、学生が自宅等の学外から電子ジャーナルや学内にあるサーバにアクセスするためのVPNサービスを提供します。 本サービスは、教職員用のリモートアクセスとリソースを共有していることをご理解いただき、研究活動を遂行する上で必要な最低限の利用にとどめ、不要不急の利用はお控えください。
 
<注意>電子ジャーナルを利用する際は、まずは「学認」で電子ジャーナルが利用できるか確認し、使える場合はそちらをお使いください。

目次

  1. 概要
  2. 利用方法
  3. 設定情報
  4. ダウンロード
  5. マニュアル
  6. 注意事項

概要

仕様・特徴

  • 学生が自宅から電子ジャーナルを参照することを目的としています。「学認」で電子ジャーナルが利用できる場合にはそちらをお使いください。
  • 学内にあるサーバ、電子ジャーナル以外へのアクセスには利用しないでください(実際に利用可能なウェブサイトに制限をかけています)。
  • SSTP、L2TP/IPsec、PacketiX、OpenVPN の4つの接続方式に対応しています。
  • 電子ジャーナルを利用する際には、そのポインタとなる本学の図書館のページ等を開いてからVPN接続するようにしてください(前述の利用制限により、すべてのウェブサイトにアクセスできるわけではないため)。出版社等が VPN によるアクセスを許可していない場合がありますので、図書館のサイトに記載の要領を遵守してください。図書館へのリンク

利用資格

以下の条件をすべて満たしている場合に本サービスを利用することができます。

  1. 東北大IDを持ち、次に掲げるユーザ区分に該当する者。
    • 学生
  2. 認証システムのサブ ID とサブ ID パスワードを事前に登録した者。

接続方式

提供する接続方式の概要とそれぞれの比較は以下のとおりです。

・SSTP (オススメ)
Microsoftが開発したVPNプロトコルです。最近のWindows OSには標準的に搭載されてます。
Windowsをご利用の方はまずこちらを最初にお試しください。
・L2TP/IPsec (オススメ)
多数のOSが標準でサポートしています。
まずこちらを最初にお試しください。
・PacketiX(SoftEther)
TCP443ポートを利用するため比較的ファイアウォールなどの制限が強いネットワークにて利用可能です。利用する際は専用のソフトウェアをインストールし接続します。詳細について公式サイト(http://www.softether.org/)を御覧ください。
・OpenVPN
オープンソースのVPNプロトコルです。専用の接続ソフトウェアのインストールが必要となりますが、各種OS用に接続ソフトが用意されてます。

利用方法

以下の手順が必要です。
  1. 認証システムにサブ ID とサブ ID パスワードを登録する。
  2. 接続方式ごとに設定を行う。(設定方法はマニュアルをご覧下さい。)
なお、東北大 ID /パスワード、サブ ID /サブ ID パスワードの違い、役割については以下のとおりです。
  取得先/取得方法 使用目的
東北大 ID 認証システムから 発行されるアカウントです。 認証システムにログインして サブ ID /サブ ID パスワードを登録するための ID
東北大パスワード 認証システムから 発行されるパスワードです。 認証システムにログインして サブ ID /サブ ID パスワードを登録するためのパスワード
サブ ID 認証システム からウェブ上で登録します。 リモートアクセスで接続するときの ID
サブ ID パスワード 同上からウェブ上で登録します。 リモートアクセスで接続するときのパスワード

設定情報

設定に必要な情報、技術情報の早見表です。
  SSTP L2TP/IPsec OpenVPN PacketiX
(SoftEther)
(1)認証 ID : サブ ID@student.tohoku.ac.jp
パスワード : サブ ID パスワード
ID : サブID
パスワード : サブIDパスワード
(2)接続先サーバ名 [サーバ名] tuvpn.tohoku.ac.jp
[IP アドレス] 130.34.40.195
(3)通信プロトコル ポート番号 443/tcp

IPsec(500/udp)
IPSec-nat(4500/udp)

1194/udp

443/tcp
(4)その他

 

シークレット(事前共有鍵)
vpnipsec

 

 
※接続前に図書館の電子ジャーナルのページを表示してから接続するようにしてください。

ダウンロード

SSTP

ダウンロードする必要はありません。

L2TP/IPsec

ダウンロードする必要はありません。(各 OS に搭載されています。)

PacketiX(SoftEther)

SoftEtherをインストールしてください。
SoftEther ダウンロード (Windows版・MacOS版・Linux版)

OpenVPN

OpenVPN GUI for Windows | OpenVPN GUI for MacOS X (Tunnelblick) | OpenVPN Connect(iOS)
設定ファイル(ca証明書内包)
※使用方法はマニュアルをご覧下さい。

マニュアル

SSTP

Windows 10

L2TP/IPsec

Windows 10 | MacOS X | iOS(iPad & iPhone) | android

PacketiX(SoftEther)

Windows 10

OpenVPN

OpenVPN GUI for Windows 10 | OpenVPN GUI for MacOS X | OpenVPN GUI for iOS(iPad & iPhone)

注意事項

リモートアクセスを経由した電子ジャーナル/データベースの閲覧について

本サービスを経由した電子ジャーナル/データベースの閲覧については、必ず附属図書館の案内をご覧下さい。 電子ジャーナル/データベース リモートアクセス-(附属図書館)

サービス詳細

本サービスの詳細は こちら(学内限定)