学内向けページへ)
TAINSニュース
© データシナジー創生機構

トップページ > 無線LANシステム > eduroam アカウントサービス

eduroam アカウントサービス

本サービスは、東北大学統合電子認証システム(以下、「認証システム」)と連携して、サブ ID を持つ教職員に、国際無線 LAN ローミング基盤 eduroam のアカウントを提供するサービスです。
なお、本サービスは、サイバーサイエンスセンターが導入したユビキタスネットワークシステムの一環として、整備したものです。

目次

  1. 概要
  2. アカウント情報
  3. サーバ証明書
  4. 関連リンク

概要

仕様・特徴

  • 認証システムでサブ ID を設定することにより、eduroam のアカウントを取得できます。
  • アカウントの ID の形式は「サブ ID@eduroam.tohoku.ac.jp」、学生は「サブ ID@student.tohoku.ac.jp」となります。パスワードは「サブ ID パスワード」そのものになります。
  • 学内の eduroam に対応したアクセスポイントはもちろん、国内外の eduroam 参加機関が提供するアクセスポイントで無線 LAN が利用できます。

利用資格

以下の条件をすべて満たしている場合に利用することができます。

  1. 認証システムの有効なアカウント(以下「東北大ID」という。)を持ち、次に掲げるユーザ区分に該当する者。
    • 常勤
    • 非常勤(リサーチアシスタント、ティーチングアシスタント、サイエンスエンジェル、短期雇用職員は除く)
    • 役員
    • 学生
  2. 認証システムのサブ ID とサブ ID パスワードを事前に登録した者。

なお、東北大 ID /パスワード、サブ ID /サブ ID パスワードの違い、役割については以下のとおりです。

取得先/取得方法 使用目的
東北大 ID 認証システムから
発行されるアカウントです。
認証システムにログインして
サブ ID /サブ ID パスワードを登録するための ID
東北大パスワード 認証システムから
発行されるパスワードです。
認証システムにログインして
サブ ID /サブ ID パスワードを登録するためのパスワード
サブ ID 認証システム
からウェブ上で登録
eduroam に接続するときの ID の一部
サブ ID パスワード 同上からウェブ上で登録 eduroam に接続するときのパスワード


アカウント情報


(1) ID サブ ID@eduroam.tohoku.ac.jp ※職員
サブ ID@student.tohoku.ac.jp ※学生
(2)パスワード サブ ID パスワード
(3)認証方式 PEAP / MSCHAPv2
(4)ルート認証局(CA証明書) Security Communication Root CA2
※androidの場合は「システム証明書を使用」もしくは「指定なし」。ドメインは「radius1.tains.tohoku.ac.jp」を指定

@eduroam.tohoku.ac.jp」「@student.tohoku.ac.jp」の部分はレルム (Realm) と呼ばれ、eduroam と接続する際には、サブ ID に続けて入力することを忘れないで下さい。

サーバ証明書

eduroam接続時に認証サーバのサーバ証明書の確認が出た際は、こちらの情報を参照し正しい認証サーバか判断してください。

  • サーバ証明書のCN:radius1.tains.tohoku.ac.jp
  • サーバ証明書のフィンガープリント(SHA1):06 2e b9 c1 a3 a3 7e be f8 aa 88 8a d7 5d bd f4 55 6d 13 ab
  • サーバ証明書のフィンガープリント(SHA256):c9 3b 1d 5b 59 cc e1 83 cb 4b 6f 57 32 bf 70 45 9c fa a0 98 47 a5 c6 eb b7 34 8c 80 08 28 73 f7
  • 有効期限:2023年5月5日 17:03:37

関連システム

参考情報

その他(利用指針、注意事項等)

その他(利用指針、注意事項等)は こちら(学内限定)